パチンコの新台の期間と遊戯について

パチンコ店で毎週のように各店舗で新しい台を導入しています。遊戯する人たちを飽きさせないようにすることが目的の一つで、導入費用は一台数十万円はかかるのですが、その分遊戯する人が多く稼働率が上がるためにお店の利益が上がる仕組みになっています。新台と呼ばれる期間はだいたい2週間ほどで、その後は準新台と変わり、1ヶ月後には普通の台に変わります。新しい台の導入から2週間ほどはお店も力を入れるために、出玉が多くドル箱を沢山積んでいることが多い傾向で、お客さんへの還元率が高く、新しい台は打つ価値が非常に高く感じます。お店側も導入の際にはどんな機種で、どのくらいの数を導入するかを検討するのですが、お客さんの層や性別などターゲットにしている客層を見極めて導入してくれるため、大抵は面白いパチンコ台が毎週のように導入される傾向です。

パチンコの新台情報取得

パチンコを遊戯している人は全国的にも2000万人以上と言われています。全国各地でお店が展開されており、毎週のように新しい台が導入されて、遊技者を飽きさせないような努力や工夫がすごくされています。遊技者は新しい台は打ってみたいという方が多くて、並んででも待って打つ人も珍しくありません。新しい台がいついつに導入予定かなどの情報は専門のパチンコ情報誌で確認する事が出来て、導入前にその台の演出や、スペック、面白さなどの特徴が写真付きでされているために、情報収集をしてから遊戯する人が多いように感じます。新台が人気がある理由の一つにお店側も沢山還元してくれる率が高いと感じます。新しい台のコーナーでは週末などには満席で沢山のドル箱を積み上げているのをよく見ます。勝ちやすいために並んででも打ちたい方が多いのだと考えます。

パチンコの新台の魅力

おそらく経験の無い人にとってはパチンコというのは「お金を稼ぐためのもの」とか「台を打つだけのもの」というイメージが大きいのかもしれませんが、経験者に言わせますと全く違います。その台によって全く別物です。もちろん「当たればお金が出る」という意味においては同じかもしれませんが、そこまでの過程が違います。画面も違いますしリーチや当たりの映像や画面やストーリーや流れが当然ですけど全く別物で、それぞれの台に面白みがあります。「お金を稼ぐだけのもの」と思ったら大間違いです。その「過程」を楽しむためのものと言っても良いぐらいです。仮に当たりが出なかったとしても、リーチやスーパーリーチでのあのドキドキ感はたまりません。仮に当たらなかったとしてもドキドキ感は残ります。それが新台ともなりますともう格別です。なぜならその台の「過程」をまだ知り得ていないわけですから楽しみが満載です。